訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

藤和マッサージ町田院の活動紹介2020年9月編

藤和マッサージ町田院|訪問マッサージのひとコマ紹介2020年9月

藤和マッサージ町田院は町田市森野に訪問拠点を構えており、町田市全域、多摩市の一部を対象に訪問マッサージ・はりきゅうを提供しております。町田院のページはこちら⇒藤和マッサージ町田院。訪問マッサージの現場の出来事や患者さんからいただいた声、訪問途中での出来事などをご紹介しています。より訪問マッサージを身近に感じて頂けたら幸いです。また町田市・多摩市の地域にお住いの方にしか分からないマイナーな地域情報が出てくるかもしません♪

素敵なプレゼント~訪問マッサージの一コマ~

週一で訪問している患者様から、こんなにたくさんの折り紙の作品を頂きました。私の殺風景な部屋が小さな動物園になりました。感激です!ありがとうございました!(ほそ~の)

訪問マッサージの感染症予防対策

様々な感染症の予防対策の1つとして、マスクや手ぬぐいは施術ごとに交換しています!(ほそ~の)

足裏感覚~訪問マッサージの現場~

半身マヒの患者様のケース。患側下腿の浮腫がつよく、足取りが重い状態が続きましたが、大分軽減されて軽快になりつつあります。さらに、足裏の知覚もより鋭敏になり、床の凹凸にうまく対応出来るようになったようす。結果的に歩行の安定につながっております。写真は集合住宅の階段。
この数段のために外出が億劫になることもある。
一つの生活バロメーターとなっている。(リハマサ)

まめに水分補給を!

いつも弾力がある足が普段と違ってとても固く張っている患者様がいらっしゃいました。  「今日どうかしましたか?」と お聞きしたところ、「今日は特別な何かをしたわけではないです。」「でもなんか足がつりそうだし、マッサージされると痛いです」とご返答が。状況から考えて、軽い熱中症で脱水し水分が不足しているのではないかと考えました。 帰り際に施設の人にも報告してとにかく水分摂取と体調を気にかけていただけませんでしょうかとお願いして帰りました 。 2日後、心配だったこともあり、少し時間ができたので施設の方とお話をしてきました 。 水分を十分に取らせたら痛みもなくなり体調も良くなったとご報告いただき一安心しました。脳性麻痺を既往して歩行困難なこともありトイレに行く回数を減らそうと水分の摂取を抑えていたそうです。今後水分摂取の啓蒙も行っていきます。(夏の雲は綿飴)

機能回復でしょうか?(^^)

訪問先施設の藤の花。季節はずれなのにキレイ咲いてる…と見ていると「ちゃんと手入れしてるからまた咲いちゃったよ(^^)」と管理の方。私達の身体も日々のストレッチやマッサージで機能回復が望める事もあります。改めてメンテナンスは大事だなと感じました。(mum)

 

転倒打撲~訪問マッサージの現場~

半身マヒの患者様で外出先で転倒したケース。
病院での受診では、骨には異常なく患側上下肢の打撲で、大事には至らなかったとのこと。
本人は少しトラウマが残り、トランスなどにおよび腰でしたが、車椅子への移動での起立や方向転換は以前同様、ほぼ自力で行えたので一安心です。(リハマサ)

訪問マッサージの帰り道コンビニに寄り車内でコーヒーブレイク。すると目の前に一羽のカラスが…。この後このカラスとんでもない行動にでます!?その続きは来週に〜!(ほそ~の)

秋の空

日々忙しく生活していると 空を眺める事などあまりありませんが、秋の空はとてもキレイです。写真はヒツジ雲。年中見れるけれど、秋は空が澄んでいるのでよく見えるそうです。たまには空を眺める心の余裕を持って生活したいと思います(mum)

歩行前傾~訪問マッサージの現場から

半身マヒの患者様のケース。前傾が癖となり、常に杖に依存しがちで、健側上肢が慢性疲労の状態にありましたが、歩行途中での上体の立て直しと呼吸を整える冷静さが習得されつつあります。移動での客観性が身に付いてきたようです。

写真は杖歩行の際、錆び付いた体重計が進路障害となり、大きくバランスを崩したケース。
錆びつきによる摩擦や狭い通路などの悪条件が重なった結果。(リハマサ)

カラスの一言

車内でコーヒーブレイク。すると目の前に一羽のカラスが現れ私に話しかけてきました。
「訪問マッサージなら藤和マッサージ」
私にはそう聞こえました。(ほそ~の)

今日は敬老の日

今日は敬老の日。年齢を重ねてもアクティブな方が増えている今の時代、いくつからがお年寄りと思われているか⁉︎1番多い答えが70歳以上だそうです。平均寿命はどんどん延びているし、元気でいるために今のうちからカラダ作りは大切ですね。最近ウォーキングを始めました。3日坊主にならないよう頑張ります!(mum)

 

トイレの立位保持~訪問マッサージの現場から

両膝関節の屈曲拘縮が比較的強い患者様のケース。膝周辺の筋緊張が緩和され、可動域も若干広がったようす。トイレでのズボンオムツの上げ下ろしに際しての立位保持が安定し、介護負担が軽減されました。(リハマサ)

リスク軽減~訪問マッサージの現場から

写真は、認知症患者様の施術終了時におけるベッド最低位の設定
リスク軽減のため、このようなケースは、ベッドの高さに意識が向く良い契機となる。(リハマサ)

藤和マッサージ町田院データ

ページはこちら⇒藤和マッサージ町田院

  • 住所:町田市森野4-17-23渋谷ビル2階-B
  • 電話:042-851-7528

対象患者様

  • 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血
  • パーキンソン病などの神経難病
  • 認知症・廃用症候群・寝たきりの方
  • 脊髄損傷
  • 脳性麻痺
  • その他、筋麻痺・筋萎縮または関節拘縮がある方

訪問範囲

  • 町田市
  • 多摩市

無料体験実施中です。お気軽にお問い合わせください。

TOP