訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

【パーキンソン病・パーキンソン症候群】転倒予防、訪問マッサージ鍼灸施術で行っている事は??ご家族でもできます☆

パーキンソン病の方に明るく元気にポジティブになってもらいたい!

転倒要因

◇体の機能低下

・筋力低下
・バランス能力低下
・関節可動域の低下(特に足関節)
・ボディーイメージの低下
・脳機能の低下(2つの事が同時できない。歩きながら喋る。)

◇環境

転倒しやすい環境の整備
手すりの整備

鍼灸マッサージ師としてのアプローチ方法

実例 60代男性 パーキンソン病 ヤール4
・歩行は介助なしで不安定ながらも可能
・前傾・右側へ側弯傾向強い
・過去転倒経験あり

≪通常の施術≫
・マッサージ
・鍼灸
・関節可動域運動
・ストレッチ
・抵抗運動

通常の施術にプラスして、転倒予防のために重点的に行っている事

①足指を広げる

足指の間が狭くなっているケースが多く、立位時に不安定になりやすいですので、施術の中でしっかりと足指を広げてあげることが大事です。

②体幹金魚揺らし(体幹の緊張がとにかく強い)

仰向け位に寝た状態で、施術者は患者足首を持ちをもって、ゆらゆら揺らす。方向転換や咄嗟にバランスを崩した際に急に対処できやすくする。手足の施術は多いが、体幹の緊張を取ってあげることが転倒予防の観点からは大事です。

③鏡の前で足を上げる(セルフイメージとの乖離を修正)

患者さん自身が、鏡の前で足上げる姿をみて、どれくらい足が上がっているかのセルフイメージと実際との乖離を少なくする。

まとめ・ポイント

転倒予防のために重点的に行っている事として、①足指を広げる②体幹金魚揺らし(体幹の緊張がとにかく強い)③鏡の前で足を上げる(セルフイメージとの乖離を修正)は、ご家族の方でもできますので、ぜひ積極的にセルフケア・セルフトレーニングを行っていきましょう。

 

TOP