訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

パーキンソン病患者様がすくみ足歩行で困っている時に家族がしてあげるといい4つの事

パーキンソン病の患者様のすくみ足歩行で困っている患者様を担当した際に、私が施術で使っていたことをご家族の方でもできるようにお伝えいたします。

すくみ足歩行とは

パーキンソン病の患者様の主症状で、歩こうとした際に足の1歩目が出ない・出にくい症状、また1歩目が出たとしても、ちょこちょこと歩幅が狭い歩行のことをすくみ足歩行と言います。

実際に私も現場で使っています

  1. ・片足を1歩後ろに下げる
  2. ・手拍子 または 音楽
  3. ・床に線を引く 縦に一直線 又は 横に歩幅分
  4. ・タッピング

1.片足を1歩後ろに下げる

歩くスタート時に、1歩目が出ないと時に、前ではなく後ろに1歩下げて、そこから1歩前に進むとスムーズに足の運びが進む時があります。

2.手拍子または音楽でリズムをとりつつ歩行

うまく歩行ができない時に、手拍子または音楽でリズムをとりつつ歩行することでスムーズに足が動かすことができる場合があります。

3.床に線を引く 縦に一直線又は横に歩幅分

歩くときに床に線を引くこと、目標を視覚化すると足が出やすい場合があります。

4.タッピング

足が出ない時、足の歩くときに使われる筋肉(大腿四頭筋・大腿二頭筋)をタッピング(たたく)で刺激し、稼働しやすくする。

TOP