訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

基本手技確認テスト【A◎マッサージチェックポイント】(研修)

基本手技確認テスト【A◎マッサージ】概要

A-1、マッサージ体幹 伏臥位 脊柱起立筋
側臥位 脊柱起立筋
A-2、マッサージ上肢 側臥位 僧帽筋(肩上部)、三角筋(中央繊維)上腕二頭筋
A-3、マッサージ下肢 仰臥位 大腿四頭筋(大腿直筋)、前脛骨筋

基本手技確認テスト留意点

  1. 訪問施術の現場で最低限必要となる基本手技ができているかどうかの確認テストです。
  2. 基本手技は非常に大切です。
  3. 本テストでは決められた手技が決められた通りできるかをチェックするものです。
  4. チェック項目を設けて、NGポイントを明確にしてあります。
  5. 手技のうまさを判定・判断するものではありません。
  6. 本テストで決められた基本施術以外の個々人の手技や施術の仕方は、本テストにおいては考慮されませんが、施術現場での手技を制限するわけではありません。
  7. 実際の施術現場で『この基本手技しか使ってはいけない』というものではありません。
  8. 本テスト内では、頻繁に体位変換を行う場合がありますが、これはテストの流れ上の理由です。実際の施術現場では、患者様に応じて、極力体位変換回数を少なくするケースとわざと体位変換回数を多くする場合を使い分けてください。
  9. テスト実施時のおいて、テスト実施内容項目やチェックポイント項目など資料を見ながら行っても良いです。ただし、資料に意識が行き過ぎて、施術のスムーズさが書いた場合はNGポイントとなります。

A◎マッサージ基本押圧|チェックポイント解説動画

A◎マッサージ基本押圧|チェックポイント

基本押圧 NGチェックポイント 
  OK NG
1)垂直圧(増圧時) 真っすぐ押せている 真っすぐ押せていない

斜めから力が入っている

2)垂直圧(減圧時) 真っすぐ抜けている 真っすぐ抜けていない

斜めに力が抜けている

3)漸増漸減or漸増速減 漸増漸減or漸増速減になっている 漸増漸減or漸増速減になっていない
4)密着 指・手全体の密着感がある 指・手全体の密着感が甘い

四指・手掌が浮きすぎている

5)広くあてる 指を広く当てている 指の当たる部分が狭い

指がたっている

指先だけの押圧になっている

6)リズム 一定のリズムで押せている 一定のリズムで押せていない
7)リズムスピード
メトロノーム
体幹:30BPM
上下肢:34BPM
リズムスピードOK リズムが早すぎる

リズムが遅すぎる

8)圧の強さ・筋肉への浸透

強さ加減、必要に応じて強さ加減を確認する

しっかり圧が入っていて、筋肉に圧が浸透している 圧が弱い

筋肉に圧が浸透していない

指に圧が乗っていない

指ではなく、四肢に圧が逃げている

9)圧の強さ 圧が強すぎない 圧が強すぎる
10)筋肉を捉える 筋肉をしっかり捉えている 筋肉をしっかり捉えていない
11)指・手に力を入れ過ぎ 指に力を入れ過ぎていない 指に力を入れ過ぎ
12)指の力を抜き過ぎていない 指の力を抜き過ぎていない 指の力を抜き過ぎ
13)四指の力(拇指圧時) 四指の力が抜けている

必要最低限の力のみとなっている

四指の力が抜けていない

必要最低限以上の力が入っている

14)手の形(手指の力で押している) 押圧途中、手の形が変わらない 押圧途中、手の形が変わっている
15)自分の体の正面で押す 体の正面で押せている 体の正面で押せていない
16)押圧点から押圧点への手指の移動 手指を患者様の体に触れたまま滑らせて移動できている 手指を患者様の体から離して移動してしまっている
17)押圧の加減は体全体でコントロール

手で圧を加減しない

押圧の加減を体全体でコントロールできている 押圧の加減を体全体でコントロールできていない

手で圧を加減している

18)一発で押圧場所に手を置く 一発で押圧場所に手を置く 一発で押圧場所に手を置けていない
19)指が押す場所を探している 指が押す場所を探していない 指が押す場所を探している

押す場所を探っている

20)骨を押している 骨は押さない 骨を押している
21)手指が震えていないか 震え無し 震えあり
22)触り方に自信なく、恐る恐る触らない 自信をもって触る 触り方に自信なく、恐る恐る触っている
23)患者様が痛みを感じる 患者様は痛みを感じない 患者様が痛みを感じる
24)体位変換時の声かけ・誘導・補助 体位変換時の声かけ・誘導・補助ができている 体位変換時の声かけ・誘導・補助ができていない
25)体位変換時、顔を見て声かけ 体位変換時、顔を見て声かけができている 体位変換時、顔を見ずに声かけしている
26)声かけ 側臥位への体位変換
(横向きは左右どちらに向くか、患者様は理解しにくい)
患者様に見えるように向く方向を手で示して、
『あちら向きに横向きになってください』と体位変換を誘導
術者が向く方向を手で示していない

方向を示す術者の手が患者様が見えない位置で行っている

27)施術全体のスムーズさ 施術全体がスムーズに進んだ 施術全体のスムーズさに欠けたところがある

基本手技確認テストだけのルール

本テストだけのルール
  OK NG
1)押圧方法:指圧

基本のシンプルな指圧

真っすぐ押して、真っすぐ抜くだけ

指圧

基本のシンプルな指圧

真っすぐ押して、真っすぐ抜くだけ

基本のシンプルな指圧ではない

真っすぐ押していない

真っすぐ抜いていない

2)押圧 揉まない

揺らさない

こねない

弾かない

揉んでいる

揺らしている

こねている

弾いている

3)リズムスピード
メトロノーム
体幹:30BPM
上下肢:34BPM
リズムスピードOK リズムが早すぎる

リズムが遅すぎる

4)狙っている筋肉への指の当て方 指を筋繊維に対して垂直に当てる 指が筋繊維に対して垂直でない
5)押圧時の漸増漸減or漸増速減パターン 持続圧は無し

漸増漸減or漸増速減である

持続圧有り

速増漸減or漸増速でない

6)筋肉の中心、筋腹の一番分厚いところを押圧する 筋肉の中心、筋腹の一番分厚いところを押圧できている 筋肉の中心、筋腹の一番分厚いところではないところを押圧している
7)声かけ 『○○をマッサージします』と施術部位または施術筋肉を伝える 『○○をマッサージします』と施術部位または施術筋肉を伝えていない

押圧方法詳細

  • ア)漸増漸減⇒基本手技確認テスト
  • イ)漸増持続漸減
  • ウ)速増漸減
  • エ)漸増速減⇒基本手技確認テスト

ア)漸増漸減⇒基本手技確認テスト

徐々に圧を入れて、徐々に抜く。基本手技確認テストはこれになります。

イ)漸増持続漸減

徐々に圧を入れて、持続圧があり、徐々に抜く

ウ)速増漸減

素早く圧を入れて、徐々に抜く

エ)漸増速減⇒基本手技確認テスト

徐々に圧を入れて、素早く抜く。基本手技確認テストはこれになります。

基本手技確認テスト全体一覧

A、マッサージ

A、マッサージテスト【チェックポイント解説】
A-1、マッサージ体幹 伏臥位 脊柱起立筋
側臥位 脊柱起立筋
A-2、マッサージ上肢 側臥位 僧帽筋(肩上部)、三角筋(中央繊維)上腕二頭筋
A-3、マッサージ下肢 仰臥位 大腿四頭筋(大腿直筋)、前脛骨筋

B、ストレッチ・関節運動

B、ストレッチ・関節運動【チェックポイント解説】
B-1、ストレッチ・関節運動 側臥位 肩関節
B-2、ストレッチ・関節運動 仰臥位 股関節

C、機能訓練

C、機能訓練【チェックポイント解説】
C-1、機能訓練 臥位 下肢強化エクササイズ(脚蹴り・脚上げ)
C-2、機能訓練 座位 体幹強化エクササイズ(お辞儀)
C-3、機能訓練 座位からの立ち上がり訓練
TOP