訪問マッサージ・リハビリ・はりきゅう治療『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

股関節脱臼しやすい危険な動き|大腿骨骨折後・股関節症・人工股関節

  • 股関節の屈曲・内転の状態からの内旋
  • 膝関節伸展位の状態からの股関節外旋
  • 割り座(正座で足を外側に出す座り方・女の子座り)
  • 座面が低い椅子

参考)

75歳の女性。自宅の浴室で転倒し右大骨頸部を骨折したため人工股関節置換術(後外側アプローチ)が施行された。担当医からは患側への全荷重が許可されている。
この患者に対するADL指導で正しいのはどれか。

1. 割り座で靴下をはく 割座:正座で下腿を外に出している姿勢・女の子座り
2. 和式の畳生活を勧める。
3. 靴ひもを結ぶときはしゃがむ。
4. 椅子は座面の低いものを使用する。
5. 階段を下りるときは右足を先に下ろす。

2017年第52回作業療法士国家試験
答え、5


藤和脳卒中訪問リハビリセンターのご案内

脳血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)に特化したリハビリを提供する『藤和脳卒中訪問リハビリセンター』の公式HPリンク
『動かなかった足が、前に出て歩けるように!脳梗塞後遺症リハビリ改善動画』
藤和脳卒中訪問リハビリセンターでは、脳血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)に特化したリハビリをご提供しております。(藤和マッサージとは別サービスになります)

藤和脳卒中訪問リハビリセンター公式HPはこちら

あなたの知りたい事・悩み事は解決しましたか?

もっと知りたいことがある場合は

無料相談・質問フォームから質問・相談することができます!

お役立ち情報メール配信


Line公式アカウント