訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

脊髄損傷|呼吸・排痰・嚥下リハビリ簡単トレーニング

脊髄損傷の方のための、呼吸リハビリトレーニング、横隔膜(胸郭)ストレッチをお伝えします

この呼吸リハビリ・トレーニング・ストレッチを行うことで期待できる事

  • 呼吸障害の予防改善、誤嚥性肺炎のリスク軽減
  • 呼吸力の維持向上、
  • 嚥下障害の予防改善
  • 痰を詰まりを防ぐ。排痰力を上げる
  • 姿勢バランスが良くなる
  • 呼吸筋を使うと血流がアップし、頭がすっきりする

人は1日2万回呼吸する

人は1日2万回も呼吸するので、呼吸筋が落ちるそれだけで体の機能は落ちてしまう。呼吸の力低下の影響はかなり大きい。

『自分で行うメニュー』と『パートナーと一緒に行うメニュー』に分けています

脊髄の損傷レベルによって自分で動かせる範囲が異なります。ご自身で動かせるパターンのメニューは、パートナーやご家族、ケアスタッフさんと一緒に行ってください。

呼吸障害について

  • 吸う筋肉:横隔膜がメイン(60-70%)、肋間筋
  • 努力時吸筋(呼吸補助筋):胸鎖乳突筋、斜角筋、小胸筋
  • 呼気 横隔膜の弛緩 強い呼気は腹筋

脊髄損傷レベルと呼吸障害

C1-C3:呼吸筋の全麻痺、人工呼吸器

C4-C6:横隔膜のみ可、肋間筋が動かない(胸の開きがない)、呼吸が浅い

呼吸リハビリメニュー

  1. 胸郭を広げるエクササイズ・ストレッチ
  2. 息を吐き切る運動・ストレッチ
  3. 排痰トレーニング
  4. 横隔膜トレーニング

1、胸郭を広げるエクササイズ・ストレッチ

肋間筋が麻痺しているケースや、上肢の麻痺などでは、長時間同じ姿勢が続き、胸郭が縮こまっています

座位又はベッドで寝た状態で行います。

『パートナーと一緒に行う』

患者さんの両手を握って、パートナーが腕を伸ばして斜め上に上げ、胸郭を広げるようにストレッチをかける。腕を上げた時に息を吸って、下げた時に息を吐く。

『自分で行う』

患者さん自身で両手同士を握って、腕を伸ばして斜め上に上げ、胸郭を広げるようにストレッチをかける。腕を上げた時に息を吸って、下げた時に息を吐く。

2、息を吐き切る運動・ストレッチ

呼吸は息を吐き切ることが大事。息を吐き切ることができないと、呼吸が浅くなります。脊髄損傷の方は息を引き切る力が衰えるので、息を引き切るトレーニングが必要です。

『パートナーと一緒に行う』息を吐き切る

  1. パートナーは吐くと同時にお腹を圧迫し、吐く動作を補助し息を吐き切る
  2. パートナーは吐くと同時に両膝を持ち上げて胸に近づける、吐く動作を補助し息を吐き切る
  3. パートナーは吐くと同時に両膝を左側に倒し、上肢を右側に傾け、捻じり動作を加えて吐く動作を補助し息を吐き切るその後、反対の捻じり動作。

『自分で行う』息を吐き切る

  • (上肢が使用できる場合は)お腹を圧迫し、吐く動作を補助し息を吐き切る
  • (上肢が使用できる場合は)下肢を左側に倒し、上肢を右側に傾け、捻じり動作を加えて吐く動作を補助し息を吐き切る。その後、反対の捻じり動作。

3、排痰トレーニング

『自分で行う』

咳ばらいをする 瞬発的に吐く力をつける 嚥下障害の予防に重要

4、横隔膜トレーニング

『自分で行う』

深呼吸をかなりゆっくりと吐く

吐くとき、ゆっくり行う理由

横隔膜は筋肉であり、横隔膜も負荷がかかりながら、ゆっくり動くことで負荷を変えることができます。

横隔膜は筋肉です。筋肉は負荷がかかりながら、ゆっくり動くことが苦手=負荷が強い

まとめ

メニュー一覧

  1. 胸郭を広げるエクササイズ・ストレッチ:『自分で行うメニュー』か『パートナーと一緒に行うメニュー』
  2. 息を吐き切る運動・ストレッチ:『自分で行うメニュー』か『パートナーと一緒に行うメニュー』
  3. 排痰トレーニング:『自分で行うメニュー』
  4. 横隔膜トレーニング:『自分で行うメニュー』

ぜひ積極的に呼吸力向上、排痰力向上、誤嚥性肺炎のリスク軽減のため行ってください!

TOP