訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

脳梗塞後遺症の患者様に訪問鍼灸マッサージが支持される7つのポイント

みなさんこんにちは!藤和マッサージ代表の須藤です。

今日は、当社の患者様の中で一番多い疾患が脳梗塞後遺症なのですが、この脳梗塞患者様が当社訪問マッサージはりきゅうを利用いただいているポイント、喜ばれているポイントをご紹介させて頂きます。

ポイント7つあります!!

①脳梗塞後遺症の痙縮・筋緊張が緩和される
②脳梗塞後遺症の上肢・下肢の関節可動域低下が維持改善及び拘縮緩和される
③疼痛緩和される
④リハビリや機能訓練を目的とした内容を実施してくれる
⑤ご自宅や施設にいながら施術を受けることができる
⑥医療保険が適応される
⑦施術スタッフさんとの心と心のふれあい

①脳梗塞後遺症の痙縮・筋緊張が緩和される

脳梗塞後遺症の方で一番多い後遺症が、上肢下肢の痙縮であり筋緊張が非常に強い状態です。このツッパリ感がお辛い方がとても多く、マッサージ及び関節運動、ストレッチにより、緩和されることにより楽になったとの声をいただいております。(※効果には個人差があります)

②脳梗塞後遺症の上肢・下肢の関節拘縮・可動域低下が維持改善、及び拘縮緩和される

上肢は屈曲拘縮といって、肘と手首と指が曲がったままの状態の後遺症の方が多くいらっしゃいます。まずは周りの筋肉をほぐしたのちに、じっくりと大きい関節から動かせる範囲で動かしていき、徐々に可動範囲を大きくとっていきます。下肢は上肢とは逆につっぱった状態になっています。特に足首が尖足といって可動範囲が狭くなる現象が起きやすいので、こことを的確に可動範囲を維持改善する関節運動をおこなうことで、可動域を維持できます。

③疼痛緩和される

麻痺側の動きが減り、関節の動きが少なるなと、周りの筋力が衰え、支える力が不足するため、関節の負担が増大します。それにより肩関節や肘や手に疼痛が発生することがあり、訪問マッサージ施術で筋緊張をとり関節運動等を行うことによって疼痛緩和できる事があります。

④リハビリや機能訓練を目的とした内容を実施してくれる

必要に応じて、機能訓練のため自動運動・抵抗運動・エクササイズを取り入れます。ただし、施術スタッフによりできない範囲もあります。なお転倒リスクなどを考慮したうえで慎重に行います。

⑤ご自宅や施設にいながら施術を受けることができる

自立通院が困難な方を対象となっており、訪問専門ですので安心です。

⑥医療保険が適応される

すべて医療保険が適応されます。介護保険の枠と関係ありません。
また、医療費助成制度によりマル障をお持ちの方は自己負担がありません。
全ての方に効果がでるわけではありません。麻痺の程度や訪問施術回数や患者様の残存筋力など様々要因によります。

最後⑦・・スタッフさんとの心と心のふれあい

患者さんに寄り添って親身になってくれるスタッフさんとの心と心のふれあいがあるから、と言っていただきました(^^)/

ぜひ訪問マッサージはりきゅう施術をご利用してみてください!!

脳梗塞後遺症で麻痺があり上肢や下肢の疼痛や関節拘縮でお困りの方は、ぜひQOLを向上維持するための訪問マッサージをご利用ください。

脳梗塞後遺症のリハビリやマッサージ方法について、You Tube『藤和マッサージch』でもご紹介ていますので、ぜひ参考にしてください。

TOP