訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

膝痛・変形性膝関節症の方が治療やリハビリより前に絶対にやっておくべきこと

本日は、高齢者に多い、膝の痛み・変形性膝関節症について、様々治療やリハビリがあるなかで、何より先にやっておくべきことをお伝えいたします。訪問マッサージの患者様にも膝の痛みで悩んでいる方は多くいらっしゃいますので、参考にしてください。

膝の痛みは、荷重負荷ストレスが最大要因

膝の痛み、変形性膝関節症の原因は荷重によって、膝関節の内圧が高まり軟骨や神経血管にストレスをかかるからです。過重負荷ストレスが疼痛を発生させる一番の要因です。膝痛緩和の為には、この荷重ストレスを抜いてあげる必要があります。

荷重負荷ストレスを抜くためには、『牽引』

膝関節には、毎日体重の何倍もの過重負荷ストレスがかかっています。この過重負荷ストレスを抜くためには、『牽引』してあげる必要があります。

膝関節の疼痛緩和方法『牽引』は動画を参照

  • 膝関節を牽引をする際は、膝を伸ばしたままは牽引しない
  • 膝関節を牽引をする際は、膝を曲げた状態から伸ばした際に牽引する力を加える
  • 膝関節を牽引した後に、治療やリハビリを行った方が良い

この動画・記事の対象となる方、対象とならない方

対象の方

安静時(座っている時や寝ている時)など膝を使っていない時は膝の痛みがないが、歩行時や立位時など体重がかかった際に痛みが出る方。ほとんどの方が体重がかかってい

対象とならない方

歩行時や立位時に膝に痛みがあるが、安静時(座っている時や寝ている時)にも痛みがある方。熱感がある等、炎症症状が強い方。

もっと知りたいことがある場合は

無料相談・質問フォームから相談または質問することができます!

TOP