訪問(在宅・出張)リハビリマッサージ・はりきゅう治療院『藤和マッサージ』

ご予約・お問い合わせは各院のお電話からお気軽にどうぞ

受付時間 9:00~18:00
月~土・祝日も受付中(定休日:日曜)

広報活動

なぜ訪問マッサージの検索関連ワードに『訪問マッサージ違法』と出てくるのか?

怒り・・『訪問マッサージ違法』

怒っています。藤和マッサージの須藤です。グーグルで検索すると検索に関連したキーワードが自動的に出てきます。『訪問マッサージ』と検索すると、自動的に『訪問マッサージ 違法』という関連ワードが出てきます。これは、『訪問マッサージ』を検索した人は、『訪問マッサージ 違法』も検索されているのででてきています。

訪問マッサージ違法・・・!?

もし自分の職業・職種を検索した時に『違法』と出てきたら・・・。皆さんも、自分の職業・職種を検索した時に『違法』と出てきたら、え?と思いますよね。なぜ『訪問マッサージ』と検索すると、自動的に『訪問マッサージ 違法』という関連ワードが出てくるのか、その要因を推測したいと思います。

 

要因・・不正請求、違法請求

過去、訪問マッサージにおいて不正請求の事件が起きています。これまで一部報道されてきましたが、全国で不正請求の事件が全国で起きてきたことが一番の要因です。訪問マッサージ=不正請求=違法としたイメージがついてしまっ宝だと思われます。

訪問マッサージの不正請求、違法請求とは

過去の報道されている不正請求、違法請求は、水増し請求・架空請求です。実際には訪問マッサージを行っていないのに、行ったことにして故意に水増し請求・架空請求をすることです。

実際に不正請求はやろうと思えば、できてしまうのか?

  • 結論から言うと、保険請求(療養費請求)の仕組み上、不正請求はやろうと思えば、できてしまう。
  • 基本的に性善説で保険請求(療養費請求)の仕組みができているから

保険請求(療養費請求)の仕組み

  1. 支給申請書を訪問マッサージ事業者が作成する
  2. 支給申請書に患者様が署名又は捺印する
  3. 支給申請書を訪問マッサージ事業者が保険者に郵送・持参して請求する
  4. 支給申請書に不備がないか、保険者がチェックする
  5. 不備がなければ、保険者から訪問マッサージ事業者に入金

現在は、すべて紙ベースでの請求。電子申請はできない。

課題:実際に訪問マッサージを受けたどうかチェックしきれない

サービスを受けた人と、お金を払う人が別々なので、実際に訪問マッサージを受けたどうかチェックしきれないことが大きな要因です。膨大な申請書を保険者側はすべて実際に訪問マッサージを受けたどうかチェックできないのが現状です。

保険者の対策

  • 患者様へのアンケート調査
  • 患者様への啓蒙活動
  • 償還払いに変更

患者様へのアンケート調査自体は、仕方ないとは思いますが、患者さんが訪問マッサージを受けることが悪いことのように感じられるニュアンスのアンケートにしないようにして頂きたいと思います。

償還払いとは

患者さんが、治療院に一旦10割全額を支払い、患者さん自身で保険者に7~9割の給付分を請求し、保険者から患者さんに還付される形のものです。訪問マッサージを受ける患者様は難病や障害をお持ち方ですので、訪問マッサージ事業者の立場としては償還払いは好ましくないです。

国(厚生労働省)の対策

  • 国(厚生労働省)の対策は強化されきており、今後さらに強化される
  • 2019年より受領委任制度が開始
  • 受領委任制度により、施術管理者制度が導入
  • 受領委任制度により、厚生局による調査・監査が可能に
  • 2021年より、施術管理者への実務経験・研修要件などが導入

訪問マッサージ事業者がやるべきこと

紙ベースの支給申請ではなく、電子申請を導入を働きかける。効率的な支給申請により、訪問マッサージ事業者側も請求事務の負担軽減、保険者もチェック・審査を圧倒的に効率化することができる。現在は圧倒的に非効率であり、医療レセプトは電子申請にできているので、技術的に簡単できる。

訪問マッサージの対象となる患者様は難病や障害をお持ちの方であり、その方が償還払いとなるとかなり負担をしいることなり、良くない。高い職業倫理を持ち、適切な請求を行い、償還払いではなく、受領委任払いになるよう働きかける。

なぜ、訪問マッサージの請求は、電子申請でなく、紙ベース申請のみなのか?

これは、支給申請書に患者(被保険者)の署名または捺印が必要となっているからです。この患者(被保険者)の署名または捺印を、電子署名などするこができれば、効率的な電子申請にすることが可能になります。要するに、申請内容を患者さんが確実に確認したということが証明できれば良いのです。

まとめ 

訪問マッサージは違法ではありません。正しく使われれば凄い良いサービス

『訪問マッサージ』と検索すると、自動的に『訪問マッサージ 違法』という関連ワードが出てくるので、一般の方は『訪問マッサージは違法なの?』と勘違いしてしまうかもしれないですが、違法ではありません。訪問マッサージは正しく使われれば凄い良いサービスです。

訪問マッサージをまじめにやっている人が損をしない仕組みづくり

保険者、国(厚生労働省)、訪問マッサージ事業者が電子申請システムを導入し、不正請求の監視調査しやすり体制を作り、導入する事。それによって、不正しにくい体制・環境・システムになっていくはず。性善説だけに頼っていてはダメで、不正がしにくい体制・環境・システムを作っていく必要があるし、テクノロジーも発達しているので必ずできるはずだと思います。

TOP